輝く女性たち

大原万里亞さん / 布なぷきんと布おむつの専門店 株式会社りぼん 代表取締役

大原まりあさん

 

 現在、布なぷきんと布おむつの専門店の「りぼん」というお店を長崎市万屋町で営んでいます。店は今年で5年になります。

 生理や子宮、尿漏れのことなどをケアする商品を販売しているので、とてもデリケートな内容ですが、悩みをお持ちの方は多く、私たちに話してくださるとほっとした表情をなさったり、悩みが改善していったなどという話を聞くととても嬉しくなります。

 

 

 

 赤ちゃんが欲しいご夫婦や、女性の方がいらっしゃることもありますが、無事に妊娠したり、出産しましたと赤ちゃんを連れてきてくださることも増え、幸せな仕事だなぁと実感しています。

 一緒に働いてくださっているのは、主婦の皆さんや、私が教員をしていた時に担任をしていた、特別支援学校の生徒さんのお母さん方で、とても温かく、親身に悩みのあるかたのお話を聞いてくださっています。

 障害のある子どもたちの母親はなかなか働きに出るのが難しい、でも、社会にかかわりたいと昔から言っていたお母さんたちの願いを叶えることができ、私自身も一緒に働けてとても助かっています。

 全てが手作りの商品ばかりなので、時間がかかり、商品数を確保するのに苦労していますが、少しずつ、作る部分も手伝っていただけるようにスタッフの練習、指導を続け商品を増やしていけるように頑張っています。

 

 

 

 

 

布なぷきんと布おむつの専門店「りぼん」の店内

りぼんちゃんが目印です

 

 

 

 

 5年前に、教員をやめて、会社、お店をすることになってからたくさんの人に出逢い、助けていただきました。商売についても何にも知らない私に、いろいろ指導してくださったり、手を差し伸べてくださった皆さんに心から感謝しています。

 何ごとも人とのかかわりなのだなぁ、人を大切に丁寧に接していこうと常々思っています。

(更新 平成30年1月)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ年表

37歳 夫の転勤で尾道へ引っ越し、公務員をやめる
39歳 夫の転勤で、長崎へ家族で戻ってくる
40歳 52歳の小学生、平田さんの担任になる
42歳 株式会社りぼんを設立。長崎市古川町にお店誕生
43歳 長崎市万屋町にりぼんを移転
46歳 長崎きもの乙女プロジェクトを設立

  • 現在の仕事(活動)を始めるきっかけ又はやりがい
  • 自宅や子育てサークルで布おむつの縫い方や使い方を教えたり、教員時代の排泄やおむつに対してのおはなしをしていたことがきっかけでした。そこから布なぷきんに広がりました。特別支援学校の教員であった16年間は私の財産で、経験や知識、考え方、人脈すべてが今していることの基盤になっています。

  • 仕事(活動)と家庭の両立で工夫していること
  • 心から理解ある夫と家族に感謝をしているのですが、手伝ってもらえたり、協力してくれたことに対して、言葉できちんとお礼とうれしい気持ちを伝えるようにしています。
    家では、あまり仕事はぜず、ほんわかした雰囲気で妻やお母さんとして太陽のようにいたいと心がけてします。

  • これからしたいこと(今後の目標)
  • 今年は、国内はもちろん、韓国など海外に目を向けて展開していきたいと考えています。日本にある、草木染めの優しさ、手づくりの温かみが布なぷきんと融合されて、「自分を愛おしんで暮らそう」という「りぼんのテーマ」を発信していきたいと思っています。

  • 後輩女性へのメッセージ
  • 自分のしたいことをしたい、起業したり、お店をしたりしたいという思いの女性も多いと思います。どうしてもかなえたいと思うこと、そして、そのことで、他の人も幸せな人が増えることなら、必ず、サポートが入り、たくさんの助けてくださる方が現れると信じています。自分を信じて、まわりのたくさんの人が笑顔で幸せになるようなことを実践なさってくださいね。私も一生懸命、楽しんで頑張りたいと思います。私でできる話やアドバイスならばいつでも聞きに来てください。なんでもお話ししたいと思っています。